お役立ち情報

WindowsXP・Windows7ユーザは今すぐ確認!致命的なセキュリティリスクが発覚!

投稿日:

ここに注意

サポート終了済のWindowsXPでセキュリティ修正パッチが出るのは異常事態です。

WindowsXP、Windows7ユーザは今すぐ確認してください。

本件の概要

2019年5月14日にマイクロソフトより緊急の更新プログラムと共に「CVE-2019-0708」に関する発表が行われました。

このCVE-2019-0708 とは、リモートでコードが実行される重大な脆弱性 のことだとマイクロソフトから説明されています。

どんな危険があるのかをもう少しかみくだいて説明すると、

CVE-2019-0708の危険性

利用者側が何もしなくても、勝手に感染するタイプの攻撃手段で、もし感染するとリモート(遠隔)でパソコンを操られる可能性があります。それにより、例えば

・個人情報を奪われる

・悪意のある広告が表示される

・アカウント情報を変更されてパソコンが利用できなくなる

・勝手にメール等を送られて、知り合いにも感染させてしまう

といった事態を引き起こします。

通常のウイルス(セキュリティリスク)と何が違う?

外部から行われる通常のウイルス(セキュリティ攻撃)と言えば、「メールに添付されているファイルを開く」「Webサイトから特定のファイルをダウンロードする」といったユーザ側の何かしらの行動によって引き起こされます。

つまりユーザが注意していればある程度は防止することができ、極端な話、ユーザにメールやWebサイトの閲覧に利用制限を設けておけば抑止できました、

しかし今回のCVE-2019-0708は全くの別物です。ユーザが注意して利用していても、感染するリスクがあります

また、この問題がどれだけ危険かが伺えるのは、マイクロソフトがサポート停止済のWindowsXPにも修正プログラムを出した」ことです。これは本来あり得ない事態です。

マイクロソフトからすると、OSをどんどん新しいものに買い替えてもらうことでビジネスが成立している為、旧OSは期限を決めてサポートを打ち切っていきます。それによりユーザは必ず新しいOSに切り替える訳です。にも拘わらず、今回のCVE-2019-0708を非常に危険視し、本来はサポート切れで対応する必要のないWindowsXPにも修正プログラムを準備しました。

これだけで、どれだけ本件が危険で、至急対応が必要かが分かります。

 

「Windows10」と「Windwos8」は大丈夫!

本件ですが、「Windows 10」および「Windows 8(8.1)」には影響ありません

逆に危険なのは下記OSとのことです。

  • Windows 7
  • Windows XP
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2003

特に「Windows 7」は利用されている方もまだまだいらっしゃると思います。すぐにでも確認なさってください。

 

具体的なチェック方法

Windows7の場合

具体的なチェック方法についてはマイクロソフト社のWebサイトを参考にしてください↓

更新プログラムが正しくインストールされたかを確認する方法 - Windows 7 の場合

もし正しくインストールがされていないようでしたら、手順2のところで「●個の重要な更新プログラムが利用可能です」と表示される為、クリックしてインストールしてください。

 

WindowsXPの場合

WindowsXPの場合は自動では更新されません。

その為、マイクロソフトのWebサイトより、更新プログラムをダウンロードしてインストールする必要があります。

ダウンロードサイトはこちら↓

Microsoftカタログ

当該サイトで、ご自身が利用なさっているOSの更新プログラムをダウンロードします。

多くの方は2行目の「Windows XP SP3 用セキュリティ更新プログラム (KB4500331)」だと思いますが、分からない場合は個別にお問合せ下さい。

表の左端の「ダウンロード」をクリックすると、言語を選択できる画面が表示されるため、一番上の"日本語"のリンクをクリックしてください↓

windowsxp-kb4500331-x86-custom-jpn_373508b65f07b50281908866f0267d6bd32bb2f7.exe

 

「Windows7」のサポート期限

マイクロソフトによるWindows7の延長サポート期限は2020年1月14日となっています。

1~2台程度であればそこまで気にする必要はありませんが、もし10台以上が対象となる方は、事前に徐々に入替ていくことをお勧めします。特に今回は期限が年明け早々の為、直前となると年末に作業を行うことになります。ただでさえ本業で忙しい時期かと思いますので、その意味でも早め早めの準備が良いかと思います。

(期限ギリギリになれば、パソコンメーカーや販売店などで「買い替えキャンペーン」などが行われる可能性はあります。但し、逆に在庫不足に陥り、納期が通常よりもかかってしまい、結果的に切り替えが間に合わないというリスクも付きまといます)

また、言わずもがなですが、WindowsXPは既にサポート期限切れです。業務上やむなく利用されている方も、パソコン自体に故障が起きてもおかしくない状況になってきているかと思いますので、これを機に切り替えを検討されてはいかがでしょうか。

 

PCの管理や買い替えもサポート致します。

当社では今お使いのPCの管理や買い替え時の機器選定、初期設定もサポートしております。もしパソコン関連でお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。

お問合せ

お問い合わせについて お客さまの個人情報や内容は厳重に取扱い、プライバシー保護に努めます。 プライバシーポリシーについて お問い合わせ内容によっては、お返事を差し上げるまでにお時間をいただく場合がござ ...

続きを見る

-お役立ち情報

Copyright © ‘2019’. 株式会社エバーリソース All Rights Reserved.

Copyright© 株式会社エバーリソース , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.