お役立ち情報 コスト削減

<2019年5月> 格安スマホ料金比較【ソフトバンク編】

投稿日:2019年5月31日 更新日:

6/4追記

2019年6月4日時点、ワイモバイルのタイムセールでsim単体1万円引きはなくなったようです。

 

ここに注意

2019年5月末時点ではワイモバイルが一番お得でした。

キャンペーン次第で随時変動しますので、ご注意ください。

ソフトバンク回線の格安スマホを比較!

当社で利用しているスマートフォンの対応バンドが、ドコモよりもソフトバンク回線との相性が良い為、ソフトバンク回線のsimカードを契約することにしました。

現在契約しているIIJmioは、ドコモとauの回線しか取扱いが無い為、改めてソフトバンク回線を取り扱っているMVNO業者を調査しましたので、結果を紹介します。

 

比較条件はコレ!

MVNO業者(格安スマホ業者)は各社毎に様々なプランを持っており、希望条件を絞らないと比較ができません

そこで、当社の場合は下記前提にて各社の比較を行いました。

比較条件

  • ソフトバンク回線を取り扱っていること
  • 通信容量は3GB以上であること
  • 音声通話が可能なプランがあること
  • 通話定額オプションがあること
  • sim単体での契約であること
  • 2年間での総額で比較

 

2019年5月31日時点ではワイモバイルが最安!

2019年5月31日時点では、IIJmioの解約料なども加味すると、ワイモバイルだけがコストを下げられるという結論になりました。

今回は2年間の利用を前提としていますが、割引される最初の1年だけ利用してキャリアを移るを繰り返せば、更にコストを抑えることは可能かもしれません。

 

<td " rowspan="4">月額費用

 

 

 IIJmioLINEモバイルYモバイルmineoリベアsimスマモバQTモバイル
基本料1,6001,6902,9801,9502,18024801800
通話定額830880 850850850850
キャンペーン  ▲ 900 ▲ 600 ▲ 280
小計2,4302,5702,0802,8002,4303,3302,370
初期費手数料 3,2403,2403,2403,2403,2403,240
解約料 3,2403,2403,2403,2403,2403,240
キャンペーン  ▲ 10,000    
小計06,4806,4806,4806,4806,4806,480
2年合計58,32068,16056,40073,68064,80086,40063,360
通信容量3333553
カケホーダイ10分10分10分10分10分10分10分

※解約料は、IIJmioからの乗り換え時に発生する費用となります。

※キャンペーンの割引額は2年利用時の月額割引額にて計算しています。(1年目のみ1,000円引きの場合は▲500円)

※ワイモバイルは毎日夜9時~翌朝9時まで行っているタイムセールでsim単体での契約の場合、1万円キャッシュバックを行っていました。

-お役立ち情報, コスト削減

Copyright © ‘2019’. 株式会社エバーリソース All Rights Reserved.

Copyright© 株式会社エバーリソース , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.