(7/27追記)ついに「Google Chrome(グーグルクローム)」の最新版(バージョン: 68)がリリースされました。これにより

SSL化していないサイト(http://~)はアドレスバーに「保護されていません」と表示されます。

 

 SSL化を行う為の費用(目安)を知りたい方はこちら↓

 

今すぐ対処法を知りたい方はこちら↓

 

 

 

 

Google社はかねてよりサイトの安全性を重要視し、「https://」になっているかどうか(SSL対応しているかどうか)でサイトの表示順位に影響を与える等の措置を徐々に強めてきました。

そして、2018年7月にGoogleが出しているWebブラウザソフト「Google Chrome(グーグルクローム)」にて、

「https://」ではないホームページには、アドレスバーの部分に「保護されていません」という警告メッセージを出すと明言しました。

 

この「Google Chrome」というソフトは、Android系のスマートフォンでホームページを閲覧する場合に大半の方が利用しています。

 

こうなってくると、これまで「http://」「https://」かまでは意識せずホームページを見ていた人にも、はっきりと不安を与える可能性が高まります。

言うまでもなくビジネスにおいて信頼というのは非常に大きな要素です。将来の取引先になり得る存在を逃すことになりかねません。

また、別の観点では人材採用においてもマイナスに働く可能性があります。

 

まだ「http://」となっているホームページを運用されている場合は、可能な限りSSL対応を進められることをお奨めします。

 

【SSL対応を行う場合にかかる費用】

ご利用になっているレンタルサーバーにもよりますが、基本的には無料でSSL化できます。

 

SSL対応費用 = ①SSLサーバ証明書の費用 + ②設定作業費用

SSL対応費用は大きく①SSL証明書の費用と②設定作業費用の二つに分けられます。

①SSLサーバ証明書の費用

 SSL(暗号化通信)を行う為の鍵、くらいにお考えください。

 SSL化を行う為には必須です。

 この証明書は多くの会社が提供しており、ご利用になっているレンタルサーバー毎に取り扱っている種類が異なります。

 また、セキュリティの強度に応じても種類と値段が異なります。

 レンタルサーバーが「共有SSL」という無料のSSLサーバ証明書を提供していることがあります。

 とにかくSSL化だけを行いたい場合はこれでも十分です。

②設定作業費用

 SSL化を行う為には、設定作業が必要となります。

 お使いのレンタルサーバー毎に方法は異なりますが、手順は公開されており、

 共有SSLを使う場合はそこまで複雑ではないことが多いです。

 下記に各レンタルサーバー会社のSSL化手順ページのリンクがありますので、

 まずは確認してみてください。

 参考までに、設定作業を業者に依頼する場合は、1~3万円程度が相場です。

 

【各レンタルサーバーのSSL化方法と費用】※2018年8月13日 弊社調べ

具体的な解決方法は、ご利用になっているレンタルサーバーによって対応方法や費用も異なってきます。

ここでは有名どころのレンタルサーバ毎のSSL化方法を記載します。

サービス名SSL化最安コスト備考
XSERVER無料 
さくらのレンタルサーバー無料1万円で設定代行してくれる 
lolipop無料 
WADAX37,584円無料もあるがアドレスを変更する必要がある為、有料を推奨
ファーストサーバー無料 

※サービス名をクリックしてもらえれば、各社の設定手順ページにリンクしています。

「とにかくSSL化を行いたい!」というだけであれば、

各レンタルサーバー会社が提供している無料の共有SSLで十分です!

ただし、WADAXだけは共有SSLを利用しようと思うとアドレスが変わってしまう為、

有料の独自SSLの利用を推奨いたします。

 

「自身が利用しているレンタルサーバーがどこか分からない」

「自身が利用しているレンタルサーバーが上記以外」

「設定方法を見たけど自分でやるのは自信がない(時間がない)」

 

そういった方は、制作をご依頼された業者様に相談するか、もちろん弊社にご連絡頂ければご協力させて頂きます。

 


  電話メールアドレス

http://faq.wadax.ne.jp/wdx5569/web3765/faq/Detail.aspx?id=166&isCrawler=1