事業計画書を作成

市場調査やコスト試算も行い、事業計画書を作成します。

ご要望頂ければ融資や補助金の申請用を考慮した

計画書の制作もサポート致します。

想定されるリスクとそこから得られる収益が具体化し、
投資判断を行える資料を準備します。

事業アイデアの創出と評価を行い、方向性がある程度定まれば、具体的な事業計画を練り上げていきます。まずは市場調査を行い、競合の有無やマーケット規模を調べ、アイデアをどのような商品・サービスに落とし込むのが良いかを見極めます。そして事業を実行に移す際に必要となる人員や金銭面のコスト試算を行い、更に売上計画を立てて収益シミュレーションを行います。採算の目途が立つようであればスケジュールなども加味しながら計画書に落とし込みます。

また、かかるコストの捻出の為に融資か補助金制度を活用されることもあるかと思います。その場合に必要になる計画書等の作成もサポート致します。

事業計画書作成の流れ

1.市場調査を行う

まずは競合の存在を調査します。同一商品・サービスはもちろん、代替になり得る存在も調査します。可能な限り競合商品を入手し、実際に利用しながら商品を分析。真向から立ち向かうのではなく、少し目先を変えることで従来とは異なる市場へのアプローチが可能かどうかも見定めます。また、アプローチ先の市場にどれだけの見込みユーザが存在するかの市場規模も合わせて調査します。なお、この時点では低コスト且つ短期間で進める為、机上での調査をメインに行います。

2.必要な人員や費用面でのコストを試算する

計画の準備や実行に移すためには人員や費用が必要になります。人員も費用だけで試算されがちですが、いくら費用を想定しておいても人材が確保できなければ意味がない為、あえて必要な人員のスキルや人数を上げ、どうやって確保するかも含め計画を立てます。

3.収益シミュレーションを行う

市場調査の結果も踏まえ、商品・サービス単価を設定し、売上予測を立てます。また、更に支出予測も加味しつつ収益シミュレーションを行い、損益分岐点や操業停止点なども算出します。

4.事業計画書を作成する

上記で整理した内容を元に、スケジュールなども加味しながら計画書に落とし込みます。この時、融資や補助金の活用をお考えであれば、申請書類の形式を意識しながら計画書をご準備致します。

お気軽にお問い合わせください。

件名

メッセージ本文

お名前*

メールアドレス*

お名前とメールアドレスは必須項目*です。

上記の内容で送信しますがよろしいですか?
よろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

投稿日:2019年4月15日 更新日:

Copyright © ‘2020’. 株式会社エバーリソース All Rights Reserved.

Copyright© 株式会社エバーリソース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.