<第25回>サーバを決める②

 

【今日の記事のポイント】

・サーバの選定は業者にお任せでOK。

・料金の目安は月額数千円程度なので、大きく異なる見積を提示された場合は要確認。

 

 

今日はサーバに関する説明の続きです。

 

前回、サーバとは、簡単に言うと作成したホームページをインターネット経由で公開する為の装置で、普通はレンタルで利用するものですと説明しましたが、今日は実際にサーバをレンタルしてくれる業者についていくつかご紹介します。

 

■エックスサーバー 公式サイト:https://www.xserver.ne.jp/

 料金目安:月額1,000円~4,000円

⇒高い性能と信頼性、それでいて費用もお手頃な為、コストパフォーマンスが高いレンタルサーバです。個人だけでなく法人でも利用実績が多く、現在は140万件のサイト(ホームページ)がこちらのサーバで運営されています。

 弊社でも契約していますが、問い合わせ対応にも比較的丁寧に応じてもらえる印象です。

 

 

■ロリポップ 公式サイト:https://lolipop.jp/

 料金目安:月額100~500円

⇒なんといっても料金が魅力のレンタルサーバです。

 利用実績も200万件以上あり、サポート面でも電話とメール以外にチャットで相談することも可能です。

 弊社でも利用したことがありますが、エックスサーバーに比べると少し性能面で劣る印象があります。(きっちりと測定した訳ではなく、あくまで感覚値です。)

 また、使い勝手もエックスサーバーと比較すると少し分かり辛い印象です。

 

 

■さくらインターネット 公式サイト:http://www.sakura.ne.jp/

 料金目安:月額129~1,543円

⇒こちらも料金が魅力のレンタルサーバーです。

 創業20年を超えており、老舗のような安心感もあります。

 弊社でも利用したことがありますが、性能面が若干気になることがあるものの、特に

問題なく利用できました。

 

このレンタルサーバですが、今や本当に多くの業者がサービスを提供しており、上記は本当に一部です。

 レンタルサーバの比較サイトなどもあり、あるところ150社から比較できるというようなところもありました。

 

もちろん業者ごとにサービス内容や料金体系も異なるのですが、では機能の有無やセキュリティレベルなどで細かな比較を行おうにも、とても分からないと思います。

 

 そこで、今日の説明で一番覚えておいて頂きたかったことは、「どこの業者がおススメか」などというお話ではありません。

 

 費用感の相場 です。

 

上記にあげた3社だけで見て頂いても、大体月額の利用料は1,000~1,500円程度で利用できます。(もちろんセキュリティや性能を拘るならもっと高額なケースもありますが)

 

このレンタルサーバの手配は業者に任せることがほとんどだと思いますので、もし業者からの見積でこのレンタルサーバの費用が異様に高い場合は、上記相場感を伝えた上で理由を聞いてみると、もしかすると見積を見直してもらえるかもしれません。